つけまつげのグルー(接着剤)がクレンジング落ちきれずに、ベタベタして困っているという方に、グルーがしっかりと落ちるおすすめのクレンジングをご紹介しています。もちろん、洗浄力が強力で肌への負担を無視したものではなく、できる限り肌への負担を軽減したものを厳選していますので、安心して下さいね。

つけまのグルーがクレンジングで落ちないときは?

落ちないからといって強くこすってはダメ!
つけまつげをしていると、クレンジングをしてもグルーが落ちきれずに残ってしまい、ベタベタすることがあると思います。だからといってゴシゴシと強くこすって落とすのは厳禁です。目元の皮膚はとても薄いので、こすってしまうとダメージを与えてしまいます。

かといって、洗浄力のあるクレンジングを使うと肌に負担がかかってしまうので、毎日使うのには抵抗があると思います。では、どんなクレンジングを使うと良いのでしょうか。

私がお薦めしたいのは、肌に優しいのに落ちがよいクレンジングです。しかも、こすっても肌に負担とならないバームタイプのクレンジングです。以下にクレンジング選びのポイントをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

つけまのグルーがしっかりと落ちるクレンジングの選び方のポイント

洗浄成分の分子が小さくてグルーを浮かす力が強いもの!
つけまのグルーが落ちない理由のひとつは、洗浄成分の分子が大きいためグルーと肌の間に浸透することができず、浮き上がらせることができないため。ですから、分子の小さい洗浄成分を配合し、グルーと肌の間にしっかりと浸透し、グルーを浮き上がらせる設計になっているものを選びましょう。
こすってもダメージを与えないソフトスクラブ効果のあるもの!
一般的なクレンジングの場合、指でこすって汚れを落とそうとすると、摩擦によって肌にダメージを与えてしまうことになります。しかし、バームタイプのクレンジングにはこすっても摩擦のダメージを肌に与えないソフトスクラブ効果のあるものが存在します。そのようなクレンジング使うことによって、グルーが落ちるまでこすっても、目元に負担をかけずに済みます。
目元に負担をかけない無添加処方のもの!
グルーを綺麗に落とすためには、目元にたっぷりとクレンジングを使用する必要があります。しかし、クレンジングの使用量が多ければ多いほど、肌にとって負担は多くなります。そこで、できる限り負担を減らすために、旧指定成分や石油系界面活性剤などの刺激の強い成分が無添加になっているものを選びましょう。

つけまのグルーが落ちるクレンジングでいち押しなのはこれ

DUO「クレンジングバーム」がおすすめです!
分子の小さいナノマトリックスを採用
⇒ ナノマトリックスと呼ばれる極小のカプセルに洗浄成分を含ませることによって、洗浄成分のナノ化を実現しました。これによって、肌とグルーの間にしっかりと浸透させることができます。
ソフトスクラブ効果でこすってもダメージなし
⇒ ナノマトリックスは伸縮性に優れた性質を持つため、クッションの役割を果たし、こすってもダメージを吸収してくれるので、繊細な目元でもグルーが落ちるまでマッサージすることができます。
安心の6つの無添加処方
⇒ 肌への負担を最小限に抑えるために、旧表示指定成分・鉱物油・石油系油脂・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料が無添加となっています。

グルーが落ちるのに肌に優しいのはナノマトリックス採用「クレンジングバーム」だけ!